解決事案

【浮気調査①】お父さんが親権とれました!

依頼者:夫 49歳
対象者:妻 42歳
浮気相手:男性 32歳 独身
居住地域:静岡県
調査費用:45万円

■内容:
中学1年生の娘と3人家族でした。2年ほど前より、週に4、5日は家族の夕食の支度をして20時以降に車で外出をし、深夜1時頃の帰宅。男性宅の出入りを調査し、3回の証拠を確保しました。
依頼者は、日本の法律で男性が親権をとることが難しいことを知っていました。その為に妻を有責配偶者にして、離婚を条件に親権をとることに成功しました。
現在、妻は離婚の末、男性と再婚。依頼者は娘さんと二人で仲良く生活しています。

【浮気調査②】 別居中は調査日の特定がキーです。

依頼者:妻 43歳 子供10歳・8歳
対象者:夫 56歳
浮気相手:女性 35歳 既婚者 子供2人
居住地域:東京都
調査費用:200万円

■内容:
別居中の調査は比較的調査をする日の割り出しが難しいと言われています。
まずは在住場所を隠しているご主人の勤務先からの帰宅を尾行して別居先住所の特定。その後はHOPE得意の「行動パターン特定プラン」を使って、女性が入っている日のあぶり出し調査しました。週末の女性の別居宅への外泊調査4回確保。
ご主人と同じ勤務先の女性であり、依頼者の元勤務先の後輩だったため、直接話し合い、結果300万円の慰謝料が支払われたと報告いただきました。

【浮気調査③】懲りない人たちの慰謝料の払いっぷり

依頼者:妻 30歳 妊娠8カ月
対象者:夫 32歳
浮気相手:女性 28歳
居住地域:神奈川県
調査費用:80万円
■内容:
ご主人が出会い系サイトで知り合った女性と3年間付き合っていたことがLINEから発覚しました。
依頼者は我慢できず、ご主人を問い詰め、連絡先の削除をさせたものの、その後も会っていることがわかり調査のご依頼を決意。ラブホテルの出入りの証拠を2回確保して慰謝料は130万円支払われましたが、今回は違約金付きの合意書を作成したため、不貞が再度あれば1回200万円の慰謝料が約束されていました。
更なる調査で、またもや別れていないことがわかり追加で調査した結果130万円+200万円の慰謝料が支払われた懲りない2人に依頼者はげんなり。ご主人を有責配偶者にして、婚姻費用で子育ては順調とのことでした。

【浮気調査④】年末年始の京都旅行

依頼者:妻 47歳
対象者:夫 43歳
浮気相手:女性 34歳 独身
居住地域:東京都
調査費用:170万円
■内容:
依頼者は結婚して9カ月。ご主人の帰宅が日に日に遅くなり、会社に連絡するも、残業していないことがわかり、衝撃で円形脱毛症になっていました。
会社に電話したことをご主人に話すと、「自由になりたい」「離婚してほしい」と言われ たとのこと。
調査開始はクリスマスイブでした。ご主人はプレゼントを購入していて、女性とクリスマスディナーでデートしました。その際に不貞行為はなく健全に帰宅。
年末年始は実家で親戚挨拶があると言って、東京駅で落ち合ったのはデートをしていた女性。2泊3日の京都旅行を証拠として確保しました。女性の素性がわかり、話し合いの結果、ご主人は平謝り。やっと目が覚めて復縁にいたったとのことです。

【浮気調査⑤】昼休みの情事・・・

依頼者:妻 49歳
対象者:夫 45歳
浮気相手:女性 28歳 独身 外国人
居住地域:埼玉県
調査費用:75万円
■内容:
ご主人が依頼者に下着を洗濯させなくなったことから怪しいと思い始めたのがきっかけとなりました。
ご主人は工場長で、出勤はいつも同じ時間、帰宅はいつも定時あがりで、寄り道せずに帰宅している様子。土日も依頼者と一緒に過ごしていて、怪しいタイミングがどうしてもつかめなかったところ、1日勤務先の監視をしていたら、昼休みに自転車で外出し始めました。勤務先から2、3分の場所にあるアパートに入っていき、50分ほどで外国人の女性と一緒に出て、2人自転車で移動。勤務先へ入っていきました。相手の女性は工場勤務の外国人の女性でした 。滞在は昼休みで滞在時間は短い調査ですが、毎日昼休みに行くところを複数回調査して証明することで、ご主人に不貞行為の自白をさせ、別居に至りました。
依頼者は婚姻費用で生活しながら、自分の仕事をみつけて生き生きと日々過ごし始めたところ、現在はご主人が依頼者の家に足しげく通い、復縁を望んでいるようです。

【浮気調査⑥】本気だったのは 浮気相手だけでした

依頼者:夫 39歳
対象者:妻 36歳
浮気相手:男性 36歳 独身
居住地域:愛知県
調査費用:90万円
■内容:
共働きのご夫婦の調査。相談する数カ月前にマンションを購入したばかりなのですが依頼者は妻からかなり冷遇されていました。
平日は週3回ほど残業で深夜帰宅。仕事以外の土日は子供を連れて深夜まで外出。調査をしてみたところ、奥様の相手男性は勤務先の同僚。それも男性が住んでいた場所は自宅から近く、子供の通う保育園の数軒横のマンションでした。土日は子供も連れて男性と自宅近くのスーパーで3人買い物して、男性宅で鍋パーティー。まるで家族のようでした。
依頼者も別れる覚悟をして、まずは男性の帰宅時間に自宅付近最寄り駅で突撃。話し合いの結果、男性から500万円支払うから、奥さんと子供を僕が幸せにするから別れてほしいと頼まれることとなりました。
複雑な心境の依頼者でしたが、別れを決めて、妻の反応は激怒すると想像しながら帰路につきました。帰宅した依頼者を待っていたのは土下座をして泣いて別れたくないと縋る妻の姿でした。
結局依頼者は離婚して男性から 500万円の慰謝料が支払われました。その後の奥様は幸せになれたのでしょうか。

【浮気調査⑦】複数の浮気相手がいることから依頼者優勢に

依頼者:夫 41歳
対象者:妻 35歳
浮気相手:男性A 26歳/男性B 38歳/男性C 36歳
居住地域:大阪府
調査費用:165万円
■内容:
ご主人の自営店舗に子供を送り、夜な夜なお出かけするのが好きな奥様でした。
1回目の調査で複数の男性と飲みに行き、帰りはタクシーでその中にいた1名の男性Aと外泊、2回目の調査では男性Bと3軒の飲み屋をはしごしてカラオケに行き、不貞無し。3回目の調査では電車で移動した駅で男性Cと合流。スーパーに立ち寄り、男性Cの在住しているマンションに入り 外泊。
全て違う男性の出現に依頼者はショックを受けましたが、親族一同が依頼者の味方になり、子供の親権も得ることができ、不貞行為のあった2名への慰謝料請求もして離婚に至りました。

【浮気調査⑧】長年の裏切りと自由な老後

依頼者:妻 59歳
対象者:夫 59歳
浮気相手:女性 60歳
居住地域:東京都
調査費用:105万円
■内容:
ご主人の部屋を整理していたら段ボールにいっぱいの20年分の不倫相手との旅行写真を見つけました。
毎年一人旅行に行くご主人を信じていたのですが、すべてその女性との旅行ということが発覚。問い詰めた末に、別れるといい、誓約書を書いたうえで、一人傷心旅行に行くとのこと。カバンから 金沢行の新幹線の1人分のチケットを見つけました。調査をしたところ、新幹線の途中の駅から隣の席に座っていたのはその不倫相手の女性でした。
別れる気配もない2人の旅行で証拠を確保。依頼者の弁護士は悪質さを追求してくれました。依頼者は不倫相手の女性から250万円の慰謝料を支払われて、ご主人からは財産分与でかなりの額が支払われ、離婚後のマンションを購入してもらい離婚に至りました。
ご主人が手がかかる方だったので、老後は自由気ままにしたいときらきらとした目でご報告をいただきました。

人探し調査①】28年の年月を経て元サヤに

依頼者:東京在住 52歳 女性 既婚
探した人:28年前の彼氏
調査地域:広島
調査費用:30万円
■内容:
依頼者は夫からモラハラを受けていたが、経済状況的から離婚する勇気がわかなかった。昔の彼の近況を知りたくなり、当時の彼氏の実家と記憶を頼りに調査。
手がかりを順に確保していき、最後はお手紙を渡すことに成功。元彼氏からの連絡があり、バツイチ子供なし。依頼者との連絡の中で再会を喜び、将来の話をふまえて、依頼者は離婚に踏み切ることができたようです。
将来に希望(HOPE)の光が差した案件でした。

【人探し調査②】心の支えとなる唯一の人

依頼者:東京在住 36歳 女性
探した人:15年前の彼氏
調査地域:福岡県
調査費用:45万円
■内容:
依頼者は15年ほど前にクラブのホステスの仕事をしていました。
お店のお客様が彼氏になり、2年ほど交際。その時に精神的に悩みが多く支えてもらっていたようです。その感謝を伝えたいということからお手紙を渡してほしいとのこと。無事にお手紙を渡すことで、今ではまた良き相談者としてお付き合いがはじまったようです。

【人探し調査③】出会い系の素人詐欺

依頼者:千葉県在住 女性 38歳 女性
探した人:結婚を約束した男性
調査地域:千葉県
調査費用:80万円
■内容:
依頼者は6ヶ月前に婚活サイトで知り合い、その後1ヶ月で結婚をする方向で話が進んだようです。
2ヶ月目には彼のお母様が病気になり手術代が足りないと相談を受け、依頼者は結婚する前提で手術費用として100万円を彼に貸すことにしました。3ヶ月目に手術は終わったと連絡があったものの、お金の返済の話はされず、そのまま連絡が取れなくなってしまいました。実際、彼は既婚者で、妻、子供の3人で暮らしており、無職の男性でした。
依頼者は弁護士に委任し、きっちり返してもらうことにしたそうです。

【企業調査①】会社の役員解任までの道のり

依頼者:理事長
対象者:会社役員
調査地域:栃木県
調査費用:75万円
■内容:
企業の会社役員(既婚男性)と、既婚女性の従業員がW不倫。
男性が上司にあたるため、女性への贔屓、特別扱いが多く、従業員も2人の関係に気が付きはじめていた。業務に支障が出始めていたため、事実関係を確認し、取締役を解任の方向にもっていきたい。
3日間の調査中、22日の接触があり、食事、腕組、ホテルに入る、翌日チェックアウト後、会社付近まで一緒に出勤するところまで確認がとれた。もちろんその後、男性は役員を解任されました。

【企業調査②】悪いことはバレますね

依頼者:某企業代表取締役
対象者:退職させた男性職員
調査地域:名古屋
調査費用:150万円
■内容:
社内で横領事件があり、その首謀者が対象男性でした。
横領発覚の3,000万円を退職後も支払う旨の書面も交わしている。返済のために賃料が安いところに引っ越し、勤務先も情報として提示させていたのだが、支払いが滞るようになった。
調査してみたところ、実はさらにプールしていた資金で友人を代表にして起業し、タワーマンションに在住、豪遊していた事がわかった。その後、もちろんそのまま見過ごされるわけはなく、対象はさらなる事態に対応しなくてはならなくなったようです。

【企業調査③】休職中に副業&不貞行為!

依頼者:医療法人社団歯科医院
対象者:休職中の従業員
調査地域:大阪
調査費用:45万円
■内容:
対象者は勤務先の医院に対して仕事上のストレスを理由に休職をしていました。
医院側は勤務体系の改善等に努めていたところ、対象者が実は勤務先の仕事上の理由でなく、副業をするために休職していることがわかりました。
調査をしてみたところ、自営でネイルサロンを元気に営業しているうえに、既婚者でありながら、調査中に院内の人との不貞行為まで発覚してしまいました。
医院側の対応は言うまでもありません。
 

 

LINE・メール・お電話「ご相談完全無料」
お気軽にご相談ください。もちろん匿名でのご相談も可能です。